「聞く」と「聴く」の違い

よく“聞き上手”という言葉を言いますが、実はより広い意味で話をきけるのは、“聴き上手”のほうだったりします。

一見、わかりにくいですが、この言葉の違いはなんでしょうか?

そこについて解説してみます。

聞くの意味

聞くというのは、積極的に内容を取り入れようというよりも、耳だけで音を受け取るようなニュアンスになります。
英語でいえば、Hearです。

“聞く”という漢字を分解してみると

門構えに耳がはいっています。
つまり耳だけをつかって、不必要なものには門を閉じることができるような感じです。

聞くの例

「何やら音が聞こえてきた」
「遠くで音楽が聞こえてきた」
「言い伝えを聞いたことがある」

聴くの意味

一方で、聴くのほうは、その字が表しているように、多くの部位で内容を受け止めるニュアンスになります。
英語で言えば、Listenになるでしょう。

”聴く”という漢字を分解してみると

聴くの中には、「耳」「十」「四」「心」の漢字が入っています。
また、人によっては、「耳」「十」「目」「心」という解釈をする人もいらっしゃいます。

つまりは、耳だけではなく、心や他の部分を使って、全身で相手を受け止めるのが「聴く」となるわけです。

参考:聴くは14の心

出典は少し不明なのですが、様々な方が、下記のような解釈をつくったりしているようです。
ここには正しさはないのですが、より広く多くの心で聴いてみる。
その心意気がなによりも大事なのだと思います。

  1. 『美しい』心で聴く
  2. 『新しい』心で聴く
  3. 『広い』心で聴く
  4. 『楽しい』心で聴く(きいて、たのしくなる)
  5. 『嬉しい』心で聴く(きいて、うれしくなる)
  6. 『面白い』心で聴く(きいて、おもしろさがわかる)
  7. 『微笑み』の心で聴く(きいて、ほほえましくなる)
  8. 『素晴らしい』心で聴く(きいて、すばらしさがわかる)
  9. 『悲しい』心を聴く(悲しみを共感する心で聴く)
  10. 『苦しい』心を聴く(苦しみを共感する心で聴く)
  11. 『愛しい』心で聴く
  12. 『労わる』心で聴く
  13. 『憂う』心で聴く
  14. 『感謝する』心で聴く

まとめ

一口に「きく」と言っても全く別のニュアンスが存在しています。
ただ、人の話を受け止めてあげるときは、聴くの漢字にあったように、いろいろな感覚をつかって受け止めてあげてこそ、相手が「ああ、話を聞いてもらえた!」という感覚になるのです。

人間も生き物ですからね。
内容だけでは、満足はできません。

対話パートナーはあなたの可能性を開きます!
いままでの自分の人生を振り返りながら、あなたが納得できる未来を一緒に探してみませんか?
対話パートナーは、対話を通して、そこまでの人生や生活、今から取り組んでいくことの意味を相談者自身が見つけ、本質的な成長を遂げていくための時間を提供する成長支援サービスです。
>体験セッションに申し込んでみよう

体験セッションに申し込んでみよう

まずは、あなたのための本当に自由な時間を体験ください。