こころの境界線らぼについて

こころの境界線らぼ は、心的境界線を越えて人が本当の意味で、成長・成熟していくための研究をしております。

なぜ”こころの境界線”なのか?

境界線ってなんだろう?

まず、”境界線”とはなんでしょうか?

簡単にかくと、なにかを二つに分けた時に、できる線のことです。
境界線とは?

人は、成長していく中で、必要に応じて、色々な線をひいていきます。それは、困難を乗り越えていくためだったり、成長していく過程で求められたこと、自分を守るため、色々な人と関わっていくために必要だった、など理由は様々だと思います。

どんな線をひいているか?

たとえば、
パーソナルスペースのような、人と人の間の関係の間にある境界線だったり。
自分の願い(したいこと/したくないこと、悩んでること/悩んでないこと)の間にある境界線だったり。
意識と無意識の境界線だったり。
今と過去の境界線だったり。
意識のステージの成長の線だったり。

明らかにすることになんの意味があるのか?

必要があって線をひいたなら、明らかにすることになんの意味があるのか?という疑問があるかもしれません。しかしながら、多くの人は、この線を意識することができていません。意識できないがゆえに、悩んでいる理由がわからず苦しんだりすることもあります。逆に、線がひけていないがゆえに、人の影響を受けすぎて悩んでしまう場合もあります。

自身がもっている境界線に気づきながら、それをコントロールできるようになることで、本当の意味で自由な状態を獲得していくことができるのです。

このように、様々な境界線を明らかにして、人が本当の意味で成長・成熟していくための研究をしていくのが、当研究所の目的です。

現在のプロジェクト一覧

プロジェクト1:越境コーチング

越境コーチング
人には、それぞれの過程や状況があります。そして、一人ひとりが色々なステージいながら、そこでの悩みがあり、それに立ち向かいながら生きています。

悩みの内容は、様々でしょうが、表面上は多くは簡単にくくられてしまいがちです。
「やりたいことが見つからない」
「仕事がつらい、忙しい」
「将来が不安」
「マネイジメントがうまくできない」
「周りの人が、思うように動いてくれない」
「夢を達成したいけど、なかなか実現しない」などなど。

多くの場合、悩みの内容の本質部分や気持ちは、なかなか理解されにくく、当人は頭を抱えるような状況がほとんどです。それでも「がんばって乗り越えて行くことが成長」のように言われ、そんな世間とのギャップに自信をなくし、苦しさを自分の中で抱えたまま、頑張っていらっしゃる方が多いように思います。悩みながら、超えられない壁のようなものを感じている方も多いのではないでしょうか?

そして、越境コーチングは、対話を通して、クライアントさん自身が自分の構造に気づいていくことで、今まで超えることができなかった壁を超えることも戻ることも選択できる一段上の自由な状態へとクライアントを導くことを目的にしています。

プロジェクト2:越境インタビュー

越境インタビュー
人は、全員もれなく違う人生を歩んでいます。
そこには、人それぞれの背景や課題があり、ミッションも違う中で、各々が力強く進んでいます。

そんな皆様の人生をお聴きして文字に起こしていくのが、越境インタビューです。

自分の人生を振り返りながら、形にしてみませんか?

プロジェクト3:勉強会、ワークショップ

勉強会、ワークショップ
越智が勉強してきたことや、一見なんの役にたつのかわからなそうなディープなことから、日頃のお悩みを解決していく知恵になるようなものまで、多種多様に実施していきます。

現在、月一回のペースで、勉強会を実施しております。