CATEGORY

思うこと

  • 2018年4月9日
  • 2018年4月9日

何が響くかわからない

こういう仕事をしていると、「その人の問題点や課題が見えるからコーチングみたいなことができるんですよね?」ということを言われます。たしかに、心理学は相応に勉強して実践も積み続けているので、普通の人よりその観点は少しは強いのかもしれませんが、あまり「そう […]

  • 2018年1月23日
  • 2018年1月24日

遅ればせながら今年の目標は

だいぶ更新が滞っておりました。 年を明けてから、色々と変化があったのですが、ひとつ大きなこととして、一昨年からお手伝いをさせていただいていた一般社団法人障害者就労支援協会 コンフィデンスの理事に就任いたしました。 コンフィデンスは、障害者の方の就職を […]

  • 2017年8月21日
  • 2017年8月21日

”伝える”流れの方向

物事には、何事も流れの方向があるのだと、最近よく感じます。 相手に乗りながら伝達する場合 例えば、私のような仕事は、基本は1対1のコミュニケーションで話を聴くことが主になります。この場合、注意しているのは、聴いた上で伝えるときは「相手の世界観に合わせ […]

  • 2017年8月16日
  • 2017年8月17日

個人の世界観が身体化されると技法化する

心理系のことを学んでいると、様々な技法があることにおどろく。 パーソンセンタードセラピー、フォーカシング、ゲシュタルト、ハコミセラピー、精神分析、箱庭療法、アートセラピー、音楽療法、太極拳、マインドフルネス瞑想、座禅、アレクサンダー・テクニーク、アク […]

  • 2017年8月15日
  • 2017年8月15日

仮説力

心理系の仕事をしていると、どうも”すべてが解決する方法”という嘘が悩ましくなってくる。 世の中、いろいろなメソッドがあるけども、「すべてを一挙解決する理論はどれか?」と言われても難しさが残る。”これをすれば、すべての能力があがります”とか”これを学べ […]

  • 2017年8月11日
  • 2017年8月11日

自分の世界、相手の世界

少しずつ、自分の中に、細かな言葉が戻ってきている。 まだまだたどたどしさは残っているものの、表現したい世界というものを取り戻しつつあるような気がする。 現時点で、私自身に、自分を大きく超えたエコロジー的な願望が見当たらない。 それよりも、「世界」とい […]

  • 2017年8月9日

認識し直し、学び直し、構築し直し

ここ数ヶ月ほど、これでもか、というくらい内面にいろいろなことが起こっておりました。 その結果、自分が保てなくなるくらいの物量で崩壊が起こり、表面上にも疲れが山積し、数年前のうつ症状のような変な高ぶりが身体によぎっておりました。人とあったあとに吐き気が […]

  • 2017年3月22日
  • 2017年3月22日

直感は、”当てるもの”ではなく”流れを起こすもの”

コーチングをしていると、直感に代表されるカンの類の重要性を嫌というほど思い知らされる。「話をきいていて、なんとなくこう感じた」、とか「こう思う」とか。 私の感覚的には、直感というのは、身体感覚の延長だと思っている。なので、身体がガタガタだと鈍るものだ […]

  • 2017年3月21日
  • 2017年3月20日

若さ・青さに関する考察

いきなり結論をいってしまうと、若さとは、ひとつの直線的な志向の現れだと考えている。なので、年齢はあまり関係ない。(特に成人以降) その時、線形的にどのように最終地点に達するかが焦点になる。もっと簡単に言えば、「これだ!」と思ったことにまっすぐに目指し […]

  • 2017年3月20日
  • 2017年3月20日

ここ数年で変わったこと

先日、あるコーチから「ここ数年で一番変わったことは何か?」と問われた。少し考えた後で、「なにかいままでになかった視点が増えた気がする」と答えた。 これは、少し説明がしずらない話なのだけど整理してみようと思う。 現在、コーチの仕事の他にインタビュアーや […]