ネガティブに絡め取られた時

ネガティブな思考に絡め取られ続けると、不思議なことに途中から、自分自身で「それを離してはいけない。よくよく感じなければいけない。だってこれ自分で解決しないと次には進めないよ!」というような感じになってくる。

言い換えれば、自分でそこにとどまることを望み始めてしまう。
「そんなまさか」と思われるかもしれないが、これは無意識の中で誰にでも起こる。

これはホメオスタシスの誤作動である、というのは簡単だけども、気づかないうちにどんどん苦しいループに落ちていく。どんどん、自分で自分の首を締め続けなければいけないような状況になってくる。

これに対して「弱いなー」とか思う必要もない。
ある種、そういう仕組みなのだから、そこを責めても仕方ないのだ。

そんな抱えられない思考の排泄物は一旦だしてしまったほうが何かとスムーズにいく。
○んちまでキレイにずっと抱えている必要はないということである。
腹痛は、まずはおさめないと、○んちがなんであるかすら考える余裕はできない。

経験上、大抵の場合それらは”その時抱える必要はない”もので、”抱える”必要がでてくるのは少し別のレイヤーでの視点が活きてくる時である。
※ここについてはまた今度。

そこまで気づいてしまえば、いろんな思考のデトックス法があるが、一番の肝は「自分でネガティブさにとどまることを望んでいる」と気づけるようになるまでである。

対話パートナーはあなたの可能性を開きます!
いままでの自分の人生を振り返りながら、あなたが納得できる未来を一緒に探してみませんか?
対話パートナーは、対話を通して、そこまでの人生や生活、今から取り組んでいくことの意味を相談者自身が見つけ、本質的な成長を遂げていくための時間を提供する成長支援サービスです。

思うことの最新記事8件

>体験セッションに申し込んでみよう

体験セッションに申し込んでみよう

まずは、あなたのための本当に自由な時間を体験ください。