本との向き合い方を改め直す

やっとのことで気づいた。

本も人のように扱わなくては読めない。
ものとして、単なる”情報”として入れていては、あんまり意味がない。

例えば、話を聞きたいといって来たくせに、ほとんど話を聞く気がなかったら、説明する人はどう思うだろうか?
例えば、人と対面する時に、その人のすべてを理解しなければならない、と思って臨むだろうか?

話を聞こうとしてみて、合わなければ仕方ないし、受け取れるところだけ受け取れれば良い。
しかし、根底には敬意をもって。
が、そんな風に思ってただろうか。

根底への敬意があれば、読み飛ばしても自由だし、全部読んでもいい。
それぞまっとうなコミュニケーションという感じがする。
 
とすると、人に対してもそんなに丁重に扱っていただろうかと、回り回って省みつつ、読書は進む。

以前、本から新たにつなげ続けるには、「作者」・「本」・「自分」の三軸を考えよ、と言われたことを思い出す。
本との付き合い方から敬意を学ぶ。

対話パートナーの体験セッションを受けてみよう!

対話パートナーとは、越智と相談者の協力関係の元、相談者の語る物語の奥行きや幅を広げていくことで、そこまでの人生や生活、今から取り組んでいくことの意味を相談者自身が見つけ、本質的な成長を遂げていくための時間を提供する成長支援サービスです。

ただいま、体験セッション受付中!

思うことの最新記事8件