ブログ

  • 2018年7月12日

ネガティブに絡め取られた時

ネガティブな思考に絡め取られ続けると、不思議なことに途中から、自分自身で「それを離してはいけない。よくよく感じなければいけない。だってこれ自分で解決しないと次には進めないよ!」というような感じになってくる。 言い換えれば、自分でそこにとどまることを望 […]

  • 2018年7月3日
  • 2018年11月7日

サイトコンテンツ見直し中

こんにちは。 越智です。 現在、以前の内容とも変わってきたところがあり、サイトの項目を更新中です。 こういうものは、日々変わっていくものですし、わかりやすいものを目指していくのは、日々していかないとなぁと痛感しています。 コーチングの説明など変更中で […]

  • 2018年6月6日
  • 2018年6月7日

支援者にとって大事な5つの観点について

今日は、改めて、私が支援をしているときに大事にしていることを書いてみようかなと思います。 私自身も、完璧にできているわけではないのですが、折に触れて思い出す大事な観点です。 コーチングと一口にいってもいろいろとあるかと思いますが、これは比較的多くの支 […]

  • 2018年6月2日
  • 2018年6月2日

自分も同じかもしれないという視点

先日、こんな記事をみた。 5,6年前に取材していただいた池上さんの記事である。 引きこもりの利用者を「うつ」にする就労支援施設、隠れパワハラの実態:ダイアモンド・オンライン 私も、コーチングとは別に障害者就労に関わっているので、とても胸の痛む記事。 […]

  • 2018年5月25日
  • 2018年11月6日

“境界線”はどこに消えた?

私自身は、コーチングを始めとした対人支援をなりわいとしているわけですが、はじめたキッカケは非常に偶然的なものでありました。 恥ずかしながら、「世の人々のお役に立ちたい」と思って始めたわけではなく、自分自身が生きていくためには、これしか「名乗れそうなこ […]

  • 2018年5月23日
  • 2018年5月23日

それでも自分の存在を肯定できるか?

人生いろんなことがあります。 誰しも、一口には言えないほどのいろんなことがあります。 とても人とは共有しきれない事実があります。 人を傷つけることもあるでしょう。 他人を否定したくなるときもあるでしょう。 自分が傷つくこともあるでしょう。 他人から否 […]

  • 2018年5月17日
  • 2018年5月17日

意固地になってくれてありがとう

実際の現場での支援者に関わりの深い心理学のことを臨床心理学といいますが、その爆発的なエネルギーをもった転換点は、なんといってもフロイトの精神分析なわけです。 で、その後、ユングやアドラー、ライヒなどなど「精神分析とたもとを分かつ」人たちいっぱいでてき […]

  • 2018年5月15日
  • 2018年5月20日

上司から見た弱々しい部下の成長について、心理学的視点から

かれこれ6,7年前、職場での私の優先事項は「怒られないこと」だったと思います。 当時、IT系企業に務めていた私は、最初は「自分の力でサービスをつくりあげるんやで!」と息巻いていたのですが、現場で怒られ続ける間に、その気力はどこへやら「どうやったら怒ら […]

  • 2018年5月14日
  • 2018年5月24日

読書レビュー2:気づきのセラピー

–ゲシュタルトの祈り– 私は私のことをする。あなたはあなたのことをする。 私はあなたの期待にそうために、この世に生まれてきているのではない。 あなたも私の期待にそうために、この世に生きているのではない。 あなたはあなた、私は私 […]

  • 2018年5月13日
  • 2018年5月13日

本との向き合い方を改め直す

やっとのことで気づいた。 本も人のように扱わなくては読めない。 ものとして、単なる”情報”として入れていては、あんまり意味がない。 例えば、話を聞きたいといって来たくせに、ほとんど話を聞く気がなかったら、説明する人はどう思うだろうか? 例 […]

>体験セッションに申し込んでみよう

体験セッションに申し込んでみよう

まずは、あなたのための本当に自由な時間を体験ください。