冷静になるために:虚数的な考え方が自分を客体化させる

最近、なにかトラブルがおきた時に「これは世界がどうなることをのぞんでいるのだろう?」と考えるようになりました。
「は?お前なにいってんの?バカじゃね?」とか言われそうですが、実は色々な効果があるんじゃないかと考えてます。

基本の考え方

 
これは別に「超自然的なお力が!宇宙のパワーが!おおお!神よ!」とかいうニュアンスではなくて、「もし仮に、この状況になにか意図があったのだとしたら、なにが考えられるだろう?」という視点を変えるための仮説なんだと捉えてもらって構いません。

効果

ばくっというと、
・論理的じゃないもの含め、多様な視点を持つことができます。(ここはそのうち解説)
・一つの考えにハマりすぎていたとしても抜けることができます。
・怒っていたとしても冷静になれたりします。

アウェアネス的な感覚

この考え方がなぜ効果的なのか?
それは、アウェアネス的な視点を獲得することができるからです。
アウェアネスとは、日本語にはないニュアンスなのですが、「きづいている」というような意味合いになります。
環境を含めた自分に気づいている、そんな客観的な状態のことです。

よく「自分を客観視するには?」みたいな事を言いますが、自分という視点から外れること、は意識の成長においてはかなり重要な項目になってきます。

主体と客体

ロバート・キーガンをはじめとする成人の発達理論では、今感じている自分を”主体”、外から見ている自分を”客体”とよびます。

例えば、なんか出来事があってあなたが怒っていた場合、なかなか怒りが収まらない場合があったりしますよね。イライラが止まらないとか。これは、「怒りに囚われている状態=主体が活発な状態」です。この状態のままで、冷静になったり他の事をするのは、かなり至難の業ですし、結局のところ苦しみを伴います。

ここから抜け出すには、自分を客観視できるようにする(客体化)するというのが重要になるのです。最近流行りのマインドフルネスもこういった考え方に即しており、ブッダの意味が「目覚めた人」であるというのは、「完全に自分の中に流れている思考を客体化できるようになった人」のニュアンスなのだと私は捉えています。瞑想もそこに至るための行為です。

脳科学的にも

主体と客体は脳科学的にも理にかなった現象のようです。
例えば怒っているいるとき、その感情を司る該当の感情部位で脳内物質が活発にでるのですが、客体化して「気づいた」瞬間にその反応が前頭葉に移動するそうです。
そうすると該当部位の物質の分泌が落ち着くと。

で、前頭葉はそれを学習して、それ以降、同じ反応があった時にも対応できるようになるということです。
脳ってすごい。

同じような考え方をするもの:虚数

高校数学で学ぶ複素数という項目をご存知でしょうか?
あの考え方は面白くて、2乗すると-1になる数を虚数という概念を仮説的において見るんですね。

つまり虚数とは、2乗したら0未満になる数。
そんな数は自然の中には存在しないわけですよ。

心理的な話でもこういう考え方が、かなり有効になる場合が多くあります。
原理はわからなくても、新しい視点が増えて、整理がつくと。

いやー、おもしろい。

悩みを越えて成長していこう!

あなたが今、本当の自分の姿を探しているとすれば、一人で解決していくのに苦しさを感じる事があるかもしれません。そんな時、コーチはあなたに寄り添います。2人で話しあえば、きっと楽に進めるようになるはず。私は、そんなあなたの心の越境をお手伝いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です