用語:「ダブルバインド」

文化人類学者のグレゴリー・ベイトソンによって発見されつくられた造語。親しい間柄において、メッセージとその上位概念であるメタメッセージが矛盾することで、引き起こされる状況のこと。例:上司が会議で、「好きに発言してくれ」といったが、本当に感じていることを言うと怒られる。黙ってても怒られる。的な状況で苦しむこと。今では否定的な意見もでているが、発表当時は、統合失調症の原因と考えられた。