用語:「ジョハリの窓」

自己開示と対人関係の関連性を理解するためのツールとして、1969年ごろにジョセフ・ルフト (Joseph Luft) とハリ・インガム (Harry Ingham) によって提案された考え方。

自分に対しての自分と他者の気付きに基づいて描かれた心の4つの窓の大きさとその変化から、対人関係の形成・発展の問題を考えることによって、自分の行動を変革するための図式モデルである。

ジョハリの窓

解放領域(open area)

左上は、「自分が知っている私」であって、「他者が知っている私」の領域。つまり、この「私」は、自分も相手もお互いにわかっている「私」であり、自分と相手に共有された「私」についての情報であることから、解放領域と呼ばれる。他者に開放された公的な「私」であると言える。

隠蔽領域(hidden area)

左下は、「自分が知っている私」であって、「相手が知らない私」にあたる。この「私」は、自分にはわかっているが、相手には隠して知らせない「私」であるため、隠蔽領域と呼ばれる。

盲点領域(blind area)

未知領域(area of unknown activity)

解放領域の拡大

ジョハリの窓解放領域の拡大

発見

ジョハリの窓 発見

参考:インターパーソナル・コミュニケーション―対人コミュニケーションの心理学