戦うか逃げるか反応 (fight-or-flight-or-freeze response)

  • 2018年5月9日
  • 2018年6月5日
  • 27view

1929年にハーバード大学医学部の教授のウォルター・B・キャノンによって初めて提唱された動物の恐怖への反応のことだが、人においても追い詰められた際に、でてしまう反応として知られている。

よほどの事態の場合は、これが有効に機能するが、現代生活の日常においても頻繁に出現してしまうと、社会生活を邪魔するものになってしまう。

まずは体験セッションを受けてみよう!

あなたが、いままでの自分の人生を振り返りながら、納得できる未来を一緒に探してみませんか?
話を聴くプロの越智がお相手いたします。
>体験セッションに申し込んでみよう

体験セッションに申し込んでみよう

まずは、あなたのための本当に自由な時間を体験ください。